デリケートゾーンのにおいが気になる!臭いを消したい

img910

部活動するときは2時間から4時間紫外線に当たらりっぱなしだと思います。

そうすると汗もたくさん書いていますから、一回だけ塗るだけでは不足です。

SPFは強い方が効果が高いですが、肌の負担も大きくなりますので、1時間に1回ぐらい前治せる環境にあるのであればSPF30ぐらいのものでもいいです。

どうしても塗り治せないという場合はSPFが高いものを使うことになりますが、それでもウォータープルーフでも最高で80分しか効果が続きませんので、やはり1時間半後過ぎたら無理直さないと行けなくなってしまいます。

デリケートゾーンの悪臭が気になる

テニス部など女子中学生や女子高校生に人気の部活動では靴下焼けくっきりとデリケートゾーンの臭いの跡が残ってしまいます。

まだ若いうちは夏を過ごして冬になったらすっかりと白い色に戻って行くのですが、だんだんとそのスピードも遅くなっていきます。

さらには知らないうちにシミなどが進行していてあるときドバッと出ることがあるそうです。

そうするとデリケートゾーンの臭い対策が必要になっていきます。

まずはデリケートゾーンの臭い止めクリームを塗ります。

デリケートゾーンの臭い止めが禁止されている学校では家で塗っているかトイレで塗り直すなどの方法しかありませんが、見つかったら没収されるなどの危険性もありますので、家でしか塗ることができないという人もいると思います。

そうすると一番高い効果があるデリケートゾーンの臭い止めクリームでウォータープルーフのものを選んでいくしかありません。

臭い消しクリーム

そして塗ったらぬりっぱなしでいいというわけではなくクレンジングや石鹸洗顔料などを使ってしっかりと音します。

無香料のものであれば人に気付かれにくいのでなるべく香料のないデリケートゾーンの臭い止めクリームがおすすめです。

肌に優しいデリケートゾーンの臭い止めは効果も弱くなっています。

それで石鹸などを使わなくても簡単に落とせる場合がありますが、やはり長谷ですが、落ちてしまいますので、強さと肌の優しさはトレードオフの関係にありますが、んばってデリケートゾーンの臭い対策をして行ってもデリケートゾーンの臭いをしてしまうことはあります。

デリケートゾーンの臭いをしてしまった後はしっかりと冷やした後にローションや保湿クリーム化粧水など塗って肌を休ませてあげます。

人懐こいて冬になる頃ではすっかり色が元に戻っていますのです。

テニスでデリケートゾーンの臭いをしないためには女性に人気があるスポーツとしてはテニスがあります。

テニスをする場合デリケートゾーンの臭いをするのは必至です。

ですが、どうしてもデリケートゾーンの臭いをしたくないという人がいると思います。

どうしたらデリケートゾーンの臭いをしないです。
まずこのような40の対策で行っていきます。

まずデリケートゾーンの臭い止めクリーム数字が一番高いものを2回塗ります。

そしてサンバイザーと呼ばれている帽子を被ります。

においを無臭にしたい

img915

そして紫外線をカットするサングラスを着用して袋やカーディガンそしてアームカバーなどを使って徹底的に露出部分が焼けないようにします。

たった1時間のテニスでもかなり焼けてしまいます。

そうそうならないためには汗をかいたらタオルで汗を抑えてデリケートゾーンの臭い止めクリームをもう1回いって効果が落ちないようにします。

外でテニスをするときはグラウンドの砂で紫外線反射されて地上表面からも紫外線が当たってきますので、下からの対策も必要です。

サンダルなど足が露出するもの履いているとしましまに焼けることがありますが、テニスをする時は靴下を履いてスニーカーを履いているので足首までは全く焼けないと思います。

注意するのは膝や太ももなど短パンから肌ができるところです。

ですので、か半身にもしっかりとそれがいい食べ物も改善の余地があります。

ビタミンミネラル不足しないようにしっかりととります。

例えばビタミンCはおしっこに流れてしまいやすいので1日に何度をに分けて取るようにします。

ビタミンCは多く含まれている食べ物にソラレンという成分が同時に含まれてしまっていることが多いのでサプリメントでとったほうがいいかもしれません。

こちらのサイトも見てください
サイト名:「デリケートゾーンのにおい」

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ